忍者ブログ
食べすぎ飲みすぎがたたり、社会人になってから、20KG太って、メタボ(肥満、中性脂肪高め、悪玉コレストロール高め)になり、尿酸値が高く(最高12.0。月に1度の血液検査で常に8.0以上を記録)、過去3回、痛風の発作と思われる痛みが右足甲に発生。痛風の薬(ザイロリック)で、治療し、食生活を改善し、節酒に努めたところ、このたび、痛風の薬(ザイロリック)を止めることに成功しました。うつ病も患い、睡眠障害(早朝覚醒、中途覚醒)に悩まされていますが、スポーツ、温泉、旅行大好きです。 薬物療法で治療していますが、薬物療法以外で快復する方法紹介します。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/12-18の活動
久しぶりに痛風の発作が出て、
あまりの激痛に
のたうちまわり、
最悪でした。


今回は左ひざに発症。
以前は安静にしていれば、
痛みは出ませんでしたが、
今回は安静にしても

激しい痛みがありました。
歩くなんてとんでもない。
つえをつくか車いすに乗りたいと
思わせるくらいの激しい痛みで、
改めて、痛風の恐ろしさを

再認識しました。

今回発症したことの原因に
ついて考えた場合、

9月のシルバーウィークに
テニス三昧であせを

かきすぎたことで逆に尿酸値が上がり、
発症したのではないかと思っています。
また尿酸値が、極端に下がると、
体のほうから異常と認識して、
アラーム的に発症する場合も
あるそうです。

痛風の療法に運動し、発汗することで
尿酸塩が溶解するとありますが、
それは有酸素運動にて、じんわりと
汗をかくというものですが、
何分、メタボなものですから、
発汗量がはんぱなく、シャツを
数枚替えるほどの

量が起因しているものと思われます。

大量に汗をかいて、尿酸値がさがったと
安心していましたが、
なかなか、完治まではいかないものです。

励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
PR
尿酸が最強のアンチエイジング物質?ビタミンCも上回る抗酸化物質の効能について
えっ!!尿酸が最強のアンチエイジング物質?

尿酸って健康にはすっかり悪者で、
厄介者というイメージがありますが、
実はビタミンCも上回る抗酸化物質
ってご存知でしたか?

根岸 友恵 岡山大学・大学院・
医歯薬学総合研究科・准教授が

2008年に発表した論文
「酸化傷害に対する内在性防御物質と
しての尿酸の役割」の

中で、尿酸がもつ抗酸化物質の
効能について論じています。


これによると
「抗酸化作用をもつ抗酸化物質は、
人の体の中で

おこる酸化的ストレスを抑制するもので
酸化的ストレスが蓄積すると、人は老化し、
血管の障害がおこり、
脳などの神経細胞が障害されるなど
多くの好ましくない状態を作り出し、
抗酸化物質はこれらを抑制する作用を持っている。
ビタミンCは典型的な抗酸化物質として知られ、
肌を若々しく保つためには
ビタミンCは必要不可欠であることは
よく知られた事実であるが、
尿酸がもつ抗酸化作用はビタミンC
よりはるかに強力なものである。」

とし、
「人の血中尿酸値は他の哺乳動物に
比べて正常でも高い値である。
一説によるとこれが人間は他の哺乳動物に
比べて寿命が長いことにつながるそうで、
またアルツハイマー病やパーキンソン病の
人のうち異常に血中尿酸値が低値な
場合があることも報告されている。

つまり尿酸がもつ抗酸化作用が不足すると
老化を早め、神経疾患の原因を
作ってしまい、短命につながる
というのである。


これらのことを考慮すると、尿酸がもつ
抗酸化作用は人体にとって必要なもの。
ただし血中尿酸値が高すぎると
痛風の原因となってしまうので、
血液中の尿酸値は多すぎず、
少なすぎずということが
理想的だと考えることができる」

と論じている。

尿酸って多くても少なくても

弊害があるもの。
うまくコントロールしていきましょう。


励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
痛風の経過観察~痛風の薬なしで発作なしで経緯する
痛風の薬を飲まずに経過していますが、
尿酸値は7~8台と比較的高めに推移しているものの、
発作はありません。

禁酒にするとか、肉を食べないようにするとか
は特にしていませんが

やっぱり

①水かお茶をよく飲む(1日:2~3L)
②週1日は休肝日。ビールは350ML 2缶まで
③食事は肉や野菜のバランスをよく食べる。間食はしない。

これらを徹することで、発作を防いでいます。

なんでも「適度」が大切ですね。
暴飲暴食は「適度」ではありません。





励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
痛風ブログランキング 第2位達成!! ついに1位目前に!!
おかげさまで、このブログ、ついに

痛風ブログランキング 第2位になることができました!!

ありがとうございます!!!

皆様のご厚意により、このようなご支持を

いただいたことにまことに感謝御礼申し上げます。

痛風ブログランキング 1位になれるよう

より一層がんばっていきたいと思いますし、

ぜひ、1位をとりたい!と思います。


これからも皆さんのご支持のほど

よろしくお願い申し上げます。



励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
痛風ブログランキング ついトップ3以内突入!!
やりました!!

痛風ブログランキングでついに第3位を記録!!

トップ3内に入ることができました!!!

今までの皆さんのご厚意に深く深く感謝いたします。

ここまで来たら、やっぱり、

痛風ブログランキングで第1位になりたいです!!!

これからもよろしくお願いいたします。

励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
痛風ブログランキング トップ3目前!!
おかげさまで、このブログ、
痛風ブログランキング 現在 4位 とトップ3目前となりました。

皆様のご厚意に本当に感謝しています。
ありがとうございます。

励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
痛風の発作このところなし
痛風の発作に関しては、今年に入ってからは
出ていません。

冬の間、運動は全くと言っていいほど
やってなかったのですが、
週1日の休肝日と、1日350MLの缶ビール2本を
守り、水を1日約3L飲むことで、
抑えられていると思います。

尿酸値も7から8程度でまだ正常値から高いところに
ありますが、これから運動もすることなので、
6から7程度になるようにしたいと思います。

励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
痛風に関する5つの遺伝子を日本の研究者グループが発見

痛風の発症に関わる5つの遺伝子を
日本の研究グループが発見した。

ヒトゲノム全体にわたって遺伝子の

個人差を調べる大規模なゲノムワイド
関連解析(GWAS)で突き止めた。

5つの遺伝子のうち3つは新しく

見つかった痛風関連遺伝子で、
一部は痛風の病型との関連も浮上した。
痛風の治療に貢献する成果といえる。

防衛医科大学校の松尾洋孝(まつお ひろたか)講師、
中山昌喜(なかやま あきよし)医官、
崎山真幸(さきやま まさゆき)医官、
久留米大学の山本健(やまもと けん)教授、
国立遺伝学研究所の中岡博史(なかおか ひろふみ)
特任研究員ら国内16研究施設の
40人の研究者、医師による共同研究で、
2月2日付の英医学誌
Annals of the Rheumatic Diseases
オンライン版に発表した。

痛風の全国の患者は予備群も含めて
約1000万人と推定され、男性に圧倒的に多く、
ここ数十年、増え続けている。

近年の遺伝子研究で、痛風の発症には

遺伝的要因の関与が考えられているが、
その全容は不明だった。

研究グループは、大阪、京都、東京の
3カ所の医療機関を受診した
痛風の男性患者945人と対照の1213人で、
約70万カ所の一塩基多型(遺伝情報の個人差)を比較した。

痛風の発症と関連する候補となった

一塩基多型については、
別の集団(痛風患者 1048 人と対照者 1334 人)で
再現性を追加検証した。

その結果、ABCG2 、SLC2A9、MYL2と

CUX2 の間、GCKR、CNIH-2の計 5 カ所の
遺伝子領域で強い関連が見られた。

このうち、 MYL2-CUX2、GCKR、CNIH-2 の3カ所は

初めて痛風関連遺伝子とわかった。

今回の研究は、アンケートなどによる
自己申告の症例は対象とせず、
医師が確実に診断した痛風症例のみを
対象とした世界で初めてのGWAS。

このため、痛風の病型ごとの詳細な

解析が可能になり、病型ごとにどの遺伝子が
特に関連しているかについても探った。

ABCG2は腎負荷型の痛風、SLC2A9は

腎排泄低下型の痛風と
それぞれ関連性が高い傾向が浮かび上がった。

痛風は病型で薬が異なるため、遺伝子診断が

薬を選択する際の指針になる可能性を示した。

研究グループの松尾洋孝講師は
「近年増えつつある痛風患者の遺伝的リスクを
判定するためにどの遺伝子が重要であるのかを
発見した。

痛風を発症するリスクの

高い人を早期に見つけて予防すれば、
生活の質(QOL)の維持・向上につながる。

どの病型になりやすいかを予測することで、

治療薬の選択に役立つ。

個人差に応じた適切な医療の実施で、

医療費の削減につながることも
期待できる」と成果の意義を指摘している。
と、伝えている。

個人的にはザイロリックを服薬していたものの
主治医の判断で止めることができたので、
深刻な症状でお悩み中の方々には
こうした遺伝子診断で特徴が把握できるのは
今後の診察において有効な手筈になろうと
思われる。



励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
1日4杯のコーヒーが痛風を予防・・・?

ボストン大学とハーバード・メディカルスクールの
大規模な調査によると9万人の女性の食習慣と健康状態を
26年間追跡調査したところ、
一日に4杯以上コーヒーを飲む女性は
コーヒーをまったく飲まない女性と比べ、
痛風罹患(りかん)率が57%も低いことが
American Journal of Clinical Nutrition誌で
明らかになりました。

 今回の調査はアメリカの女性看護師を
対象としたものでしたが、
調査ではアメリカの女性看護師9万人近くを
対象とし、そのうち900人近くの女性が
26年間の調査期間中に痛風を患ったそうです。

女性たちの食習慣と痛風発症率の
関係を分析したところ、コーヒーを1日4杯以上
飲む女性はコーヒーを飲まない女性と
比べ痛風となる確率が57%低く、
1日2~4杯飲む女性はコーヒーを飲まない女性と
比べ22%低いことも明らかになりました。
1日にコーヒー1杯の女性の場合も、
まったく飲まない女性と比べると痛風と
なる確率は低かったものの、その差は3%と
わずかなものだったとのこと。
2007年に発表された別の研究では、
男女両方でコーヒーの痛風予防効果が示されています。


コーヒーを大量に長期間にわたって飲んでいる人ほど
痛風となる割合が低かったのですが、
この理由は解明されていないそうです。
特に中年の男性の痛風患者は
高血圧でコレステロール値が高く、
糖尿病罹患率も高い傾向があり、心臓疾患の前兆と
して痛風を挙げる研究結果もあるそうで、
仮説としては、コーヒーが血中インシュリン濃度を
下げることが痛風リスクの軽減に
つながっているのかもしれないと
考えられるとのことでした。

  



励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
最新の血液検査方法~病院にいかなくてもできる血液検査の方法とは・・・?

血液検査は病院で行うのが一般的ですが、
自宅で簡単に血液検査が出来るようになってきました。

デメカル血液検査キットの検査では

①指先にまず専用の針を刺して血液を採取します。
採取量は血液量わずか0.05mlです。

②採取した血液を付随している検査液と混ぜていきます。

③②を検査機関に郵便で送ります。
郵送後、1週間後に検査結果が郵送されます。


検査結果を自分でチェックすることにより
糖尿病をはじめとする生活習慣病のチェックが自宅でできます。
その結果に基づいて、専門の先生に見てもらいましょう。

忙しくて、病院で血液検査できない方、自宅で、自分で血液検査。
年に数回、血液検査を行い、健康管理にお役立てください。



励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
最新TB

プロフィール

HN:
tuuhuu-metabo
性別:
男性
趣味:
硬式テニス、スキー、バドミントン、プロ野球観戦、ドライブ、温泉、旅行
ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

運営者情報

運営者:痛風メタボ
mailto:tuuhuu-metaboinfoあっとマークyahoo.co.jp
URL:http://nakakana.blog.shinobi.jp/

当サイトは、アフィリエイト
プログラムによって、
販売元の企業様と提携し、
商品やサービスを
ご紹介させていただいております。

よって、該当商品、
サービスは直接、
当サイトから販売するわけ
ではございません。
このことから個人の情報等は
一切所得出来る仕組みがござい
ません。個人情報に関しましては
販売者等の表記をご確認下さい。

ご購入、お申込みの際は、
商品やサービスなどを
ご紹介しているリンク先での
サイトのお申込み、ご購入となります。

お客様のお申込み、お支払いなどは
お店・企業と直接お取引
いただくことになります。

価格、消費税、送料、在庫、
販売者(特定商取引に関する法律に基づく表記について)、
お支払い、注文、商品配送、返品、
不良品に関するお問い合わせ、
商品購入などの詳細につきましては、
パナーや広告などで移動した
先の企業の情報をご覧ください。

当サイトの掲載情報を
ご利用いただく場合には、
お客様のご判断と責任におきまして
ご利用いただきますよう
お願いいたします。

商品のトラブルは当サイトでは、
一切の責任を負いかねます
ことご了承願います。

なお、掲載商品に関する
お問い合わせもリンク先に
ございます企業宛まで
お願いいたします。