忍者ブログ
食べすぎ飲みすぎがたたり、社会人になってから、20KG太って、メタボ(肥満、中性脂肪高め、悪玉コレストロール高め)になり、尿酸値が高く(最高12.0。月に1度の血液検査で常に8.0以上を記録)、過去3回、痛風の発作と思われる痛みが右足甲に発生。痛風の薬(ザイロリック)で、治療し、食生活を改善し、節酒に努めたところ、このたび、痛風の薬(ザイロリック)を止めることに成功しました。うつ病も患い、睡眠障害(早朝覚醒、中途覚醒)に悩まされていますが、スポーツ、温泉、旅行大好きです。 薬物療法で治療していますが、薬物療法以外で快復する方法紹介します。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

痛風メタボに新常識!ミドリムシに含まれる有効な成分とは
最近、テレビのCMや通販番組で
取り上げられることが多くなった
ユーグレナことミドリムシ。

鶏卵に近い完全栄養食品として、
その認知度を高めていますが、


ミドリムシに含まれるパラミロンという成分が
中性脂肪やコレステロールなど、
太る原因となる中性脂肪やコレストロールや尿酸などの
有害物質を吸着してそのまま

便といっしょに排出されることから、実は痛風メタボにも
有効な成分であることが最近わかってきました。


なぜ、パラミロンが太る原因物質を吸着できるのか?


パラミロンの表面や内部には無数の
小さな穴(ミクロホール)があって、
ちょうどコレステロールなどの脂肪成分を
取り込み、離しにくいサイズと構造になっています。
体内に入ったパラミロンは、その表面につながった穴から、
コレステロールや中性脂肪、尿酸などの有害物質を吸着します。

また、パラミロン自体が消化されにくい
という特性をもっていますので、
吸着された不要物も胃や腸で消化吸収されることなく、
便として体外へ排出されます。

つまり、デトックス効果が期待できるのです。

特にコレステロールの排出は、
マウスを使った実験でも
効果が立証されています。


これらの「解毒」作用によって、
身体にとって余分なものが
スッキリ排出されるため、健康的に
ダイエットができます。

「継続的に摂取して、
健康を保ちながら、ダイエットに取り組みたい」という方になら、
とてもおすすめできます。

痛風の原因となるプリン体を吸収・抑制する効果があるため、
痛風の予防や改善をしたい方にもおすすめです。
プリン体の摂取だけを減らすことはなかなか難しいので、
健康的な食事量にプラス、パラミロンを含んだ
ミドリムシ食品を摂取しましょう。

優れたパラミロンの効果により、それだけで
痛風の症状を和らげたり、
改善したりすることが期待できます。






励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

なかなか勉強になりました。
最新TB

プロフィール

HN:
tuuhuu-metabo
性別:
男性
趣味:
硬式テニス、スキー、バドミントン、プロ野球観戦、ドライブ、温泉、旅行
ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

運営者情報

運営者:痛風メタボ
mailto:tuuhuu-metaboinfoあっとマークyahoo.co.jp
URL:http://nakakana.blog.shinobi.jp/

当サイトは、アフィリエイト
プログラムによって、
販売元の企業様と提携し、
商品やサービスを
ご紹介させていただいております。

よって、該当商品、
サービスは直接、
当サイトから販売するわけ
ではございません。
このことから個人の情報等は
一切所得出来る仕組みがござい
ません。個人情報に関しましては
販売者等の表記をご確認下さい。

ご購入、お申込みの際は、
商品やサービスなどを
ご紹介しているリンク先での
サイトのお申込み、ご購入となります。

お客様のお申込み、お支払いなどは
お店・企業と直接お取引
いただくことになります。

価格、消費税、送料、在庫、
販売者(特定商取引に関する法律に基づく表記について)、
お支払い、注文、商品配送、返品、
不良品に関するお問い合わせ、
商品購入などの詳細につきましては、
パナーや広告などで移動した
先の企業の情報をご覧ください。

当サイトの掲載情報を
ご利用いただく場合には、
お客様のご判断と責任におきまして
ご利用いただきますよう
お願いいたします。

商品のトラブルは当サイトでは、
一切の責任を負いかねます
ことご了承願います。

なお、掲載商品に関する
お問い合わせもリンク先に
ございます企業宛まで
お願いいたします。