忍者ブログ
食べすぎ飲みすぎがたたり、社会人になってから、20KG太って、メタボ(肥満、中性脂肪高め、悪玉コレストロール高め)になり、尿酸値が高く(最高12.0。月に1度の血液検査で常に8.0以上を記録)、過去3回、痛風の発作と思われる痛みが右足甲に発生。痛風の薬(ザイロリック)で、治療し、食生活を改善し、節酒に努めたところ、このたび、痛風の薬(ザイロリック)を止めることに成功しました。うつ病も患い、睡眠障害(早朝覚醒、中途覚醒)に悩まされていますが、スポーツ、温泉、旅行大好きです。 薬物療法で治療していますが、薬物療法以外で快復する方法紹介します。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、気になる痛風に効くサプリ成分~アンセリンとは
痛風対策のサプリメントには様々な種類がありますが、
最近、中でもアンセリンを主成分に含むものが人気です。

今回は、最近、尿酸値で悩む方の注目を集めている、
「アンセリンのサプリメント」について
詳しくみていきましょう。

まずは、アンセリンという成分についてですが、
アンセリンとは動物の筋肉の中に含まれるペプチドの
ことをいいます。
ペプチドは、私たちの身体に必須のアミノ酸が
2個以上結合することで生まれます。

アンセリンの含有量は動物の種類に
よって様々。
比較的運動量が多い動物に多く存在します。

特に、回遊魚と呼ばれ、長い距離を高速で
泳ぐ魚の代表であるマグロやカツオ、
さらにはサケやサメなども含まれます。
陸上の動物でいうと鶏肉や不眠不休で飛ぶことでも
知られる渡り鳥の筋肉などに含まれています。

運動量が多いということは、それだけ筋肉内に
酸素が多く供給される必要があり、
発達したアミノ酸を多く含んでいることから、
新しい機能性素材として注目を集めています。

尿酸値を下げたり、痛風対策に注目されている
アンセリンですが、具体的にどのような効果が
あるのでしょうか?

1つ目は「尿酸の生成の抑制」です。


HPRT(ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ)という
長ったらしい名前の酵素が、
プリン体の再利用をしやすくすることにより、
尿酸の過剰生成を抑制します。

2つ目は、「尿酸所体外排出の促進」です。

飲酒や疲労などで筋肉に乳酸が蓄積すると、
尿酸が体外へ排出されにくくなります。
アンセリンは、LDH(乳酸脱水素酵素)の量を増やし、
乳酸を効率的に分解することで、
尿酸の排出を促してくれます。

実際に、人に対して行った研究で、1日約50㎎の
アンセリンを継続して摂取することで
尿酸値を下げる効果があったと
いう報告があります。

アンセリンは「体内での尿酸の生成の抑制」と、
「体外への尿酸の排出の促進」という
両側面からアプローチすることで、尿酸値の悩みへの
効果的に働きかけてくれるのです。

アンセリンのサプリメントを摂取する際は、
食事中に飲むことが効果的とされています。
アミノ酸系のサプリは消化の際、最初に吸収され
やすい成分だからです。

アンセリンのサプリメントを
選ぶ際には、アンセリンの含有量はもとより、
一緒に含有されている栄養素の種類や
特徴についてもしっかりと
確認するようにしましょう。


励みになりますのでクリックしていただけるとうれしいです。↓

うつ病 ブログランキングへ


生活習慣病 ブログランキングへ

痛風・高尿酸血症 ブログランキングへ
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
最新TB

プロフィール

HN:
tuuhuu-metabo
性別:
男性
趣味:
硬式テニス、スキー、バドミントン、プロ野球観戦、ドライブ、温泉、旅行
メルマガ購読希望の方はこちらまで

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

運営者情報

運営者:痛風メタボ
mailto:tuuhuu-metaboinfoあっとマークyahoo.co.jp
URL:http://nakakana.blog.shinobi.jp/

当サイトは、アフィリエイト
プログラムによって、
販売元の企業様と提携し、
商品やサービスを
ご紹介させていただいております。

よって、該当商品、
サービスは直接、
当サイトから販売するわけ
ではございません。
このことから個人の情報等は
一切所得出来る仕組みがござい
ません。個人情報に関しましては
販売者等の表記をご確認下さい。

ご購入、お申込みの際は、
商品やサービスなどを
ご紹介しているリンク先での
サイトのお申込み、ご購入となります。

お客様のお申込み、お支払いなどは
お店・企業と直接お取引
いただくことになります。

価格、消費税、送料、在庫、
販売者(特定商取引に関する法律に基づく表記について)、
お支払い、注文、商品配送、返品、
不良品に関するお問い合わせ、
商品購入などの詳細につきましては、
パナーや広告などで移動した
先の企業の情報をご覧ください。

当サイトの掲載情報を
ご利用いただく場合には、
お客様のご判断と責任におきまして
ご利用いただきますよう
お願いいたします。

商品のトラブルは当サイトでは、
一切の責任を負いかねます
ことご了承願います。

なお、掲載商品に関する
お問い合わせもリンク先に
ございます企業宛まで
お願いいたします。